スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日吉地下壕見学。

2009年6月9日(火)のこと。

東京大空襲。
幼かった義父は、空から降ってくる大量の火の玉を経験しています。
避難する為、地元の学校の体育館へ…人が殺到して入れなかったそうです。
体育館から押し出されたから今、生きていると…。

戦争…私はほんの一部分のことしか知らない…。
人間の考えってさまざまで安易に意見できないけれど、
私はこの事実をずっと考えていきたいと思っています。

わかりやすい写真。

日吉の土地の下には、地下壕が張り巡らされている…。
その超巨大な地下壕を見学できると聞いて、
1年に1回のみ、
第2回の見学会にに参加することができた。

慶應義塾大学01

慶応義塾日吉キャンパス内

現高等学校のこの建物、1934年に「理想的学園」を目指して建設された校舎。
その8年後の1944年3月…
海軍軍令部や人事部、連合艦隊司令部がやってきて、
巨大な地下施設をつくり、1945年8月15日の敗戦まで活動するのです。

慶應義塾大学02

敗戦の翌月、9月8日。
慶応義塾日吉キャンパス全域を米軍の占領下におかれます。
形の上では戦争は終わったけれど授業再開にはほど遠い…。

4年後、1949年10月1日に日吉キャンパスが返還されました。

慶應義塾大学03

義父母の分も勝手に申し込んでいた私…。
無理やり参加してもらいました。(それには理由がっ。)

CUB一家の母校。

祖父(慶應義塾大学教授)、父(体育会野球部元監督)、母(教授の愛娘)。
そして…CUB。

そんなみんなの楽しい思い出が詰まった学舎。
今は亡き祖父の思い出話や、当時はこうだった、あ~だったと。

母が幼い頃、米軍の軍人さんがチョコレートをくれた事、
空からパラシュートが降ってきて、それにお菓子が付いてた事、
父母CUBが学生時代、地下壕に入って遊んでいた事などお話してくれました。

慶應義塾大学 あじさい

大学敷地内の丘を下り、まむし谷の地下壕に入ります。

慶應義塾大学 いよいよ地下壕

地下壕の印象…とても綺麗で、環境の良さに驚いた。

地下壕の気温…摂氏13度。

地下の水がきちんと流れるように計算されて造られているし、
戦争中にこんな大量のセメントを使うことができるなんて。
沖縄の壕は、人が掘った土がむき出しで、蒸し風呂状態で、
当時の悲惨さが伝わってきて涙したけど、
本部の壕とはいえ、あまりにも無機質で…あまりにも違いすぎて唖然とした。
沖縄の人がこれを見たら…と思うと、心が痛む…。

地下壕見学02

連合艦隊司令長官室跡。

長官室は、壕の中でも一番綺麗で劣化がほとんど無い。
特別に造られているのが分かる。
でも長官は好きではなかったらしい…本が湿気るとかで。
戦争真っ最中、壕の中にいられるだけでもありがたいのに…。

連合艦隊司令長官室

1945年4月7日、戦艦大和が300機の空襲をうけ沈没していく様子が刻々と入電され、
電信員たちは涙ながらに受信したと…。

地下壕見学01

この柵の向こうは住宅地。
この先の外に出る穴を上ると造園さんだそうです。

戦後、アメリカ軍が占拠しこの地下壕をあちこち爆破したそうです。
地下壕の上の民家が一緒に爆破され、たくさんの命が奪われたそうです。
日本を守るために造られた地下壕も日吉の住民にとっては怖いものなのです。

地下壕内天井電気

天井には当時の電源。
見学者の中に、「なつかしい」と言ってる方も。

1944年9月、通信の発達などからみて、陸上からの指揮が検討され、
慶応義塾の寄宿舎(学生の生活する寮)に連合艦隊司令部を移しました。
この寄宿舎は東洋一の建物と言われ、超快適生活できる場所。
3棟建っており、各棟40の個室に約6帖の洋室、一人一室、
パネル・ヒーターで暖をとり、食堂、水洗の洋式トイレ、ローマ風呂。
.
その寄宿舎で行われていた作戦会議。

1944年10月23~26日のレイテ沖海戦
1945年2月の硫黄島戦、4月の戦艦大和の沖縄出撃、6月に全滅した沖縄戦
神風特別攻撃隊など作戦命令を下しました。

・・・・・・・・・・・・・。

地下壕外へ

とうとう、見学も終わり。
頭の悪い私でもこれだけはわかる…。

二度とこのような悲惨なことを繰り返してはいけない、
絶対に戦争を起こしてはならない。

****************************************

見学が終わって、いろんな気持ちを抱えてながら…モモミミの散歩。

2ジャックちゃんと出会えるなんて~なんてラッキー!!
現実に引き戻していただきました。

小太郎くん、カメラ目線がお上手。(←小太郎君ブログへ
ミミのこと、大変気に入ってくれました。

こたろうくん

ヒューイくんは、お散歩の途中にお庭付きのマンションを通りかかると
お庭からご挨拶してくれるのです。

ヒューイくん

地元でお会いできて嬉しいです。
今後ともモモミミをよろしくお願いします♪

今日は、モモミミ画像ないな。。。
関連記事
スポンサーサイト

tag : ジャックラッセルテリア 慶應義塾大学 日吉地下壕

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

日吉のキャンパスにそんな歴史があるとは全く知りませんでした。
戦争を体験した祖母は川越に疎開し祖父は中国へ戦いにかりだされたそうです。
学校で戦争の話をまとめてくるようにと言われ祖父母の元で聞かされた話は衝撃的でした。が祖父は中国で行なわれたことを一切口にしようとはしなかった・・・
それだけ無意味で残虐な行為だったんだと思います。
戦争を忘れてはいけませんよね。今は日本は平和だけれど世界各地で戦争は起きている現実を私たちが知らないだけですが絶対忘れてはならない現実。

読んでいて涙が出てきちゃった。

小太郎のっけてくれてありがとうございます♪
小太郎、他の犬と仲良くするの苦手なのにmimiちゃんは平気でしたね(^m^)
橋を渡ったパパがフリスビーやってた広場にほぼ毎日のように出没してます。また会えますよね♪

No title

え~知りませんでした 日吉に、慶応のキャンパスの下に、地下壕があったなんて。。。
家の近所の子安台公園も戦時中は高射砲基地として軍に使用されて爆撃を受けたとか 
そばの浅野学園の崖には防空壕も残されています 
また、たまに遊びにいく岸根公園も高射砲基地として使用されて
ここは大きなすり鉢状になっていますが戦時中はそこが血の池になったとか 
ご近所のお年寄りからこんな話をたまに聞かされます
平和を維持するためにも語り継がれていかなくてはならない事ですね
momyさん、今回は貴重な体験をされてよかったですね

こんにちは。

v-22こたママさま

こんにちは。
この間の土曜日、川越の小江戸に行ってきました。
この土地に疎開している風景を重ねてきました。
戦争跡地の残っています。

おじいさま…。
辛い経験をされて心が痛みます。
心に反した行いをして苦しまないといけないなんて辛すぎます。
『No!!』と言えなかったこと、仕方がなかったこと、仲間を失ったこと、残虐なこと…。
辛いことを口に出してしまえば少しは辛さを分かちあえたでしょう。。。
自分の内に閉じ込めることで、戦争という罪を背負おうとしたのかもしれないと私は思ってしまいました。
おじいさまの責任ではないのに…。

しかし、戦争があったからこそ今があると思うと複雑な気持ちになります。

小太郎君またお会いしましょうねv-411

こんにちは。

v-22kotecchanさま

こんにちは。
慶應日吉キャンパスの下に地下壕なんて、想像できないですよね~。私が知ったのは5年前、CUB母が地下壕で遊んだって小耳にはさんじゃったのです。
そしたら数日後にテレビで日吉の地下壕の特集していて、興味倍増。
たしかにこの辺は穴が多いなぁって思ってたんですけどね。

岸根公園のお話、亡くなった方には申し訳ないですが…
ゾッとしました。今でも魂が残っていそうで。。。

神奈川県の空襲は、
横浜25回、川崎18回、横須賀8回、藤沢7回、平塚5回、小田原5回、鎌倉3回。
横浜内では、鶴見区、神奈川区、西区、港北区。

モモミミの散歩に公園へ行くようになって気づきましたが、慰霊碑をよく見かけます。
被害があって苦しんだのだと…心から思うようになりました。
今回の壕見学は本当に貴重な体験ができました。

Thank you for coming!!
Welcome

Wellcome to
Jack Russell Terrier
momo-mimi BLOG.
Calendar
New entry & comment
Archives
Profile

momy

Author:momy
-------------------------
■カブ(CUB)
ジュニア、モモ、ミミ、マルコのパパ。しし座、B型、48歳。
東京都出身、横浜市港北区育ち。THE BEATLETSのコピーバンドとか、野球とかやってる。

■モミィ(momy)
ジュニア、モモ、ミミ、マルコのママ。ふたご座、A型、34歳。
神奈川出身。横浜市港南区から結婚後、港北区へ。
幼い頃からの夢だった犬と暮らすこと。叶いました。
水曜どうでしょうが好き。
どうバカ一筋でございまーす。

MUKU Jr.
■ムク・ジュニア(muku Jr.)
2004年生まれ 男の子
シナモン文鳥 
我が家の古株。飛び跳ねてピロピロ~♪って歌う。
粟の穂、水浴び大好き。

momo
■モモ(momo)
「BIG BONE JP'S KUNNA」
2006年9月7日生(女の子)
石川県出身。
おとなし目で甘えん坊。
急に怒ることも。
何か、訴える淋しげな目をする。
体重:5kg
アレルギー:米、小麦、牛乳、ラム、ターキー、サーモン、トウモロコシ、レタス、ニンジン、ほうれん草、トマト

mimi
■ミミ(mimi)
「BAB OF FALLEN LEAVESE」
2008年4月1日生(女の子)
岐阜県出身。
怖い物知らずなのに、怖がり。
おやつよりボール命。
最近、水溜りが好きになった。
体重:6kg

marco
■マルコ(MARCO)
「DOG LAND GIFU JP'S EIDOLON」
2009年12月14日生(男の子)
岐阜県出身。
訳もわからず走り回る。落ち着きがない。甘えん坊。脚が太い。
偶然、モモと近い親戚。
体重:6kg

Weathernews
*momo*


*mimi*


*marco*


Links
Gremz
Forever...
ROBIN FOREVER
MUKU FOREVER
momo-mimi Mail
momo-mimi mail
momy's site
HGG WEB SITE HGG PHOTO BLOG!!
New Trackback
365calendar
:::Jack Russell Terrier:::
  *momo-mimi:9/5

Categorys
mixi me!!
QRcord
QRコード
RSS
Input keyword
A manual
コメントのしかた
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。